品質マークについて

kisohaba建築基準法では標準基礎の立ち上がり巾が「120mm以上」となっているところを、当社ではそれを上回る約1.3倍の『160mm』を標準として、安心・安全な家づくりをしています。


kouzoukarte当社では本設計を確認する際に、コンピューターによる厳密な構造計算=耐震・耐風チェックを実施。 これに合格し、強度が十分に認めた内容をカルテとして、一棟一棟のお客様にお渡ししています。


koudannetsu各地域に合わせた断熱方法や断熱材で、室外の温度を中に入れず、室内の温度が外に出ないようにし、室内環境を一定に保ち、冬は暖かく・夏は涼しい気温を保ちます。


jiyuusekkeiお客様のご希望やライフスタイルに合わせて設計していきます。 また、土地の形状や方位、家づくりのプロとしての知識や経験で、お客様に住んでからも喜んで頂く家『暮らしを楽しむ家』づくりをしています。


sekisyugawara日本三大瓦の一つで、島根県岩見地方で生産される粘土瓦。独特な赤褐色で、固く頑丈・凍結に強く・水を通さないので、日本海沿岸部の積雪の多い地域に多く使われています。 新築で石州瓦を使用すると、助成制度があります。(島根県のみ) また、石州瓦採用証明制度で住宅ローンの金利が低減される銀行があります。


taishintoukyu3通常、耐震等級1(数百年に一度発生する地震に対して倒壊・崩壊しない。数十年に一度発生する地震に対して損傷しない。)でも申請は通りますが、当社では耐震等級の最高ランクである耐震等級3を標準としています。 耐震等級3とは、建築基準法の耐震性能(耐震等級1)の1.5倍の性能を有しています。    


chinetsuriyou夏でも冬でも一定な温度の地熱を利用し、夏はサラリと涼しく・冬はほんわりと暖かい空気を各室内に取り入れます。 家全体の空気循環を行い、各部屋や脱衣所、トイレ等の家のどこにいても温度差が少なく、ヒートショック対策には最適です。 また、高機能フィルターで花粉を99.8%・PM2.5を98%カットするので空気がきれい。 地熱を利用するので、エコでお財布にやさしいです。


cyousyouene室内環境を一定に保ちながら、使用するエネルギー量を少なくできる住宅を「省エネルギー住宅」といいます。 家庭で消費されているエネルギーの約60%が暖冷房と給湯 と言われています。 太陽の熱や空気の流れを計算した設計で自然エネルギーを有効に取り入れ、断熱材で高気密・高断熱にすることで断熱性能を上げ、エネルギー消費を抑制させます。


cyoukiyuuryou・耐震性能(耐震等級2以上) ・省エネルギー性(省エネルギー対策等級4相当) ・維持管理・更新の容易性(維持管理対策等級3相当) ・劣化対策(劣化対策等級3相当・床下空間330mm以上の高さの確保) ・住戸面積(75平米以上) ・居住環境(所管行政庁が審査) ・維持保全管理(10年ごとに点検を実地)、住宅履歴情報の整備(適切な整備及び蓄積) これらの条件を満たした住宅を『長期優良住宅』といいます。 長期優良住宅にすることにより、住宅ローン減税・その他の税制優遇等のメリットがあります。


tennenboku生きている自然素材です。さりげない呼吸をしているので、さらっとした感触をかもしだします。 木目や節目が一つ一つ違い、ほっとくつろげるぬくもり感や木の香りなど木ならではのものです。 年を重ねるごとに風合いの味が深まり、木の家で暮らす喜びを感じられることでしょう。 メンテナスも簡単。水をはじくためには、桐油を1年に1回程度塗るだけ。 傷は目立ちにくいですが、気になる傷はペーパーで直せます。


makistove遠赤外線効果で、身体の芯から温まります。そして、窓から見えるゆらゆらした炎で心も温まります。 また、薪ストーブで作る料理は家族団らんの中心となることでしょう。 当社1階にある喫茶店「LOACH(ローチ)」では、寒くなると薪ストーブに火がはいり、薪ストーブで作る石焼き芋を提供しています。イベント時にするピザも好評です。


丸永建設のTVCM

毎週金曜日、8チャンネル、夜7時前(天気予報の間)
丸永建設TVCMを是非ご覧下さい。


丸永流リフォーム
『家(うち)カフェの家』

黒を基調にしたシックなデザイン。
アイデアを駆使して予算を抑えながら快適空間にリメイクしました。
リフォームの全貌を是非ご覧下さい。

ページ上部へ戻る