ブログ

住宅取得と消費税・・・いつから税率変わるの?

現在のところ、平成29年(2017年)4月から消費税(正式には消費税及び地方消費税)は現在の8%から10%に税率が上がることになっております。

住宅購入は金額が大きいため、その影響は非常に大きいものとなります。

2000万円の家を購入する場合、消費税額は現在は160万円、新税率だと200万円となり、40万円多くなってしまいます。

どうせ購入するのであれば、負担が少くない・・・8%のうちに買いたいというのは人情です。

ただ、買うと決めてから実際に住むまでには結構な時間がかかりますので、どのタイミングでその新税率になるのかを正確に把握する必要があります。

まず、基本的に住宅の消費税は引渡時点での税率が適用されます。

・・・つまり平成29年3月31日までに引渡が終わっていることが条件となります。

ただし、経過措置として平成28年9月30日までに契約を締結した場合は、その引渡が平成29年3月31日を超えても8%の税率が適用されます。

まとめると、

  消費税8%で住宅を購入するための条件(条件①または条件②を満たしている場合)

条件①

引渡が平成29年3月31日までに完了すること。

条件②

 契約が平成28年9月30日までに完了すること。(経過措置)

上記の条件を満たせなかった場合は、消費税としては8%で購入するよりも2%多く納める必要が出てきます。

ただし、この消費税以外のところでこの負担増を押さえようとする方策がとられておりますので、コチラも確認する必要があります。

これについては、国土交通省の「すまい給付金」ページで詳しく説明してありますし、試算も可能です。

また、スマホであれば「すまい給付金アプリ」がありますので、これをインストールしてシュミレーションも可能です。

ご確認下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

丸永建設のTVCM

毎週金曜日、8チャンネル、夜7時前(天気予報の間)
丸永建設TVCMを是非ご覧下さい。


丸永流リフォーム
『家(うち)カフェの家』

黒を基調にしたシックなデザイン。
アイデアを駆使して予算を抑えながら快適空間にリメイクしました。
リフォームの全貌を是非ご覧下さい。

最近の記事

ページ上部へ戻る